白湯の美容健康効果がすごい!

このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんこんばんは☆

今日は久しぶりに1日お天気に恵まれて、溜まっていた洗濯物が一気に片付いたのではないでしょうか(^^)

気温差の激しい1週間でしたので、体調を崩している方も多いと思いますが、毎日の中で免疫力を上げていくための一つの方法として「白湯(さゆ)」があります。

白湯を毎朝飲んでいるという芸能人やモデルさんもたくさんいるようですが、白湯はアンチエイジングを望む女性にとてもおすすめの飲み物です。

まず、「白湯」というのはいわゆる普通のお湯のことですが、正しく言うと「沸騰させたお湯を飲める程度までぬるく冷ました飲み物」です。

昔は薬を飲む時に一緒に飲まれていたそうですが、一度沸騰させているので水道水のような不純物もなく、口当たりがまろやかになるのが特徴です。

白湯を飲むことで身体にはたくさんのいいコトがあります。

まず、温かい飲み物ですので身体が温まり、血流がとても良くなります。

内臓の温度が1℃上がると免疫力が30%上がる他、基礎代謝が10%~12%上がると言われているので、脂肪が燃えやすくなります。

ということは、白湯を飲む習慣を付けることで痩せやすい体になるという事も期待できます。

そして、冷たい水とは違って、白湯は身体への浸透が良いので体の中の老廃物を押し流してくれる効果がとても高いと言えます。

水をたくさん飲むと、むくみが気になるという女性の方は多いですが、冷たい水を飲み過ぎるのはむくみの原因になることがあります。

白湯に変えるだけで、利尿作用も高いので余分な水分が身体から老廃物とともに抜けていき、むくみも解消していきます。

さらに水分の摂取は便秘の解消にも効果がありますので、朝一番に白湯を飲むことで腸が刺激されて便秘が解消するケースもあります。

これからどんどん気温も上がってきますが、夏は特に暑いからといって冷たい飲み物ばかり飲み過ぎてしまう事がないよう、暑くても温かい白湯を飲む習慣をつけて内臓を冷やさないようにすることで、夏バテを防ぐことにもつながります。

ここで白湯の正しい作り方ですが、やかんやお鍋にお水を入れて沸かし、ブクブクと沸騰してから10~15分位、そのまま沸かし続けます。(やかんの場合は沸騰したら蓋を取ります)

火を止めてそのまま飲める温度まで自然に冷まします。温度はお好みですが、体温よりは少し高い温度にして、一度に大量にゴクゴク飲むのではなく、少しづつゆっくり飲むのが基本です。

残った白湯はポットや保温性のあるタンブラーなどに入れて持ち歩いてもいいですね。

白湯の効果として「利尿作用」「消化を促す」「脂肪の代謝を良くする」「味覚をよくする」「満足感を与える」など色々ありますが、ウォーターサーバーのお湯やレンジで温めたお湯は本来の白湯とは違うので、そのような効果が望めないそうです。

必ず沸かしたお湯を飲むようにしましょう。

味のない白湯が飲みにくい方は、少量のはちみつとレモン果汁などを入れると飲みやすくなります。はちみつの甘みとレモンの酸味で疲れが取れますよ(^^)

1日の摂取量は800ミリリットルまでが上限です。デトックス効果が高いため、飲み過ぎると必要な栄養素まで流れてしまう可能性があります。

デトックスされてくると白湯が甘く感じられるようになるそうです!

味覚がリセットされるということですね。

朝食やお弁当を作る傍らで、お湯を沸かして白湯を作ってみてはいかがでしょうか?

コストもかからないお手軽な美容健康法ですので、ぜひやってみてください(^O^)

まだまだお天気が変わりやすいですので暖かい上着もしっかり準備して、明日も素敵な日曜日をお過ごしください(^O^)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
加圧トレーニング&耳つぼダイエット
fine〜ふぃーね〜
埼玉県上尾市宮本町15-7メイクイットビル2F
048-773-7010
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★