オメガ3系脂肪酸って何?

このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんこんばんは☆

ここのところ暖かくて過ごしやすい日が続いていますね。

しかし、気温や気圧の変化は体調不良の原因となることもありますので油断せず、体調管理をしっかりしていきましょう(^^)

さて、昨日はクリルオイルについてお話しましたが、そもそも「オメガ3系脂肪酸」って何?という方も多いと思いますので、少しお話したいと思います。

人間の体には体内で作れない必須脂肪酸というものがあり、食べ物から摂取しなければいけません。

その必須脂肪酸の一つがオメガ3系脂肪酸です。

そしてもう一つの必須脂肪酸がオメガ6系脂肪酸なのですが、こちらは普段よく口にする植物油や動物の脂などに多く含まれているので意識しなくても摂れている油です。

この2つのオメガ3とオメガ6は、摂取バランスが大切と言われていますが、現代ではオメガ6を摂り過ぎている傾向があります。

体内でのオメガ6系脂肪酸の働きは、免疫反応を激しくしたりしてアレルギーの炎症を促進したり、心臓や血管系の病気を促進してしまうという事がわかっていますが、それを抑制してくれるのがオメガ3系脂肪酸ですので、2つをバランスよく摂取できていれば問題はありません。

しかし、現代はオメガ3系脂肪酸を多く含むと言われる青魚を食べる量が減り、食の欧米化によってオメガ6系脂肪酸を多く摂取しすぎているので、バランスが崩れて病気やアレルギーが増えていると言われています。

普段の食生活の中では、オメガ6系脂肪酸を多く含む脂身の多いお肉や加工品、揚げ物などを避け(避けていても自然とオメガ6系脂肪酸は摂取しています)、オメガ3系脂肪酸を含む青魚を食べたり、亜麻仁油を生のままドレッシングに使うなどして意識して摂る事が大切です。

オメガ3系脂肪酸は、日常生活の中で自然と摂取するのは難しいですが、それでも私達の体になくてはならない必須脂肪酸であるということをお分かりいただければと思います。

今最も注目されているクリルオイルは、その必須脂肪酸であるオメガ3系脂肪酸を体内に吸収のいい型で、さらに酸化にも強いアスタキサンチンという抗酸化成分まで含んでいるのです。

今まで主流だったDHAやEPAより市場がどんどん伸びているのはこのためです。

また次回も摂取するべき油と避けてほしい脂の話をしていきたいと思いますので、お時間のある時に読んで頂ければと思います(^^)

それでは明日もよい1日をお過ごしくださいm(__)m

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
加圧トレーニング&耳つぼダイエット
fine〜ふぃーね〜
埼玉県上尾市宮本町15-7メイクイットビル2F
048-773-7010
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★