ダイエットの落とし穴は食品添加物!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんこんばんは☆

いつもご覧頂きありがとうございます。

昨日は確定申告に備えての帳簿の見直しで、思いのほか苦戦してしまい頭を抱えておりました・・・(*_*)

しかし避けては通れないのでもうひと踏ん張りしたいと思います。

さて、本日のお題は、タイトルにも書きましたが、日々ダイエットを頑張っている方に伝えたい、ダイエットの落とし穴は、食品添加物にあるというお話しです。

食品添加物とは食品を腐らせないため、甘みを出すため、色を綺麗に保つため、味を一定にするためなどに使われる調味料や保存料、着色料のことです。

その中には天然の植物性のものもありますが、ほとんどが化学合成されて人工的に作られたものです。

さらにその化学合成されたものの中には、人体に悪影響を与えるものも存在します。

そして、日本は食品添加物の宝庫です。

であるにもかかわらず、食品添加物が与える人体への悪影響に関する情報が少なすぎると感じます。

もちろん調べれば色々と分かりますが、普段食品添加物を意識していない人が、調べようという気になるでしょうか?

余談ですが、カフェでコーヒーを飲もうと思った時、必ずコーヒーフレッシュが置いてありますよね。

あのコーヒーフレッシュは、油で出来ているのをご存知ですか?

乳製品は一切入っていないので、「ミルク」ではなく、「食品添加物を使って人工的に作り出した白く濁った油」です。

それを知ってから私はコーヒーフレッシュを使わなくなりました(^_^;)

さて、ダイエットに食品添加物が良くない理由は2つあります。

まず、食品添加物の中にはタバコやお酒などのように依存性があるものがあります。

脳に働きかけて快楽物質を分泌させることでその味を欲するようになります。そうなると、無性にお菓子やジャンクフードを食べたくなり、結果カロリーオーバーや塩分、糖分、脂質の摂り過ぎということが起こります。

2つ目は人工甘味料ですが、これはゼロカロリーやカロリーオフなどと記載されている食品のほとんどに使われています。

確かに「摂取カロリー」は抑えられるのですが、血糖値の上昇を招いたり、甘みに鈍感になり、結果的に砂糖の摂取量が増えてしまったりということが起こります。

太らないように気をつけている方も、カロリーばかりを気にしていませんか?

自炊をせず、外食やコンビニのお弁当、お惣菜などを、カロリーだけ見て買って食べている方は食品添加物を摂り過ぎていると思います。

そして、人工的に作られた添加物は、体の中では「異物」とみなされ、排泄しようと働きます。その排泄に使われるのが「栄養素」です。

カロリーばかりで栄養のない食品ばかりを食べ、ただでさえ足りていないビタミン・ミネラルは、脂肪を燃やすためではなく、添加物を排泄するために使われます。

そうすると本来必要な栄養素は全く足りない状態になり、栄養不足のカロリー過多で太りやすくなるということです。

なかなか痩せないなと感じている人は、ぜひ普段食べているものの添加物を確認してみてください。

もちろん添加物が太る原因ではありませんが、痩せにくい体にしてしまう要素はあると思います。

ただ、日本は食品添加物の宝庫ですから、全く添加物を摂らない生活は無理です。

また、ほとんどが砂糖や香料で出来ていると分かっているコーラを、一生飲めないのは寂しいです。

要は、食品添加物と上手に付き合っていきましょうということです。

コンビニのおにぎりやサンドイッチを食べる回数を減らしましょう。作るのが面倒だからと、出来合いのお惣菜ばかり食卓に並べるのはやめましょう。レトルト食品を買い置きするのはやめましょう。甘いモノが食べたくなったら旬のフルーツを食べましょう。

小さなことからでもいいので、出来る事から取り組んでみてください。

ジャンクフードはしばらく我慢して食事を改善すると、不思議と食べたくなくなるものですよ。

みなさんに健康的な生活を送ってほしい。そしてその結果としてダイエットに成功したり、体調が良くなったりという嬉しい効果があればと思っております。

私も毎日自炊してますので、みなさんも頑張りましょう!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
加圧トレーニング&耳つぼダイエット
fine〜ふぃーね〜
埼玉県上尾市宮本町15-7メイクイットビル2F
048-773-7010
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★