運動をすることの意味

このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんこんばんは☆

今日はとても暖かく、過ごしやすい1日でしたね。

そろそろ桜も開花しそうです。楽しみですね(^.^)/~~~

さて、今日は運動をする意味について少し書きたいと思います。

ダイエット=運動を増やすと考える方は少なくないと思いますが、運動で消費するカロリーは思っている以上に少なく、食べ過ぎた分のカロリーを運動で消費しようと思うと、かなり過酷な運動が必要になります。

人間のエネルギー代謝には3種類あります。

まず1つは基礎代謝です。基礎代謝は、1日のエネルギー代謝の60〜70%を占めているので、これが高い状態を保っていれば消費エネルギーは多くなります。

2つめが身体活動と言って、家事や仕事、勉強やスポーツなどの日常生活で体や頭を使った活動をする時のエネルギー代謝ですが、これは全体のエネルギー代謝の20〜30%にすぎません。

3つめは特異動的作用と言って、食物の摂取によりエネルギー代謝が増える事ですが、これは全体の10%ほどです。

こうしてみるとほとんどのエネルギー代謝が基礎代謝である事がおわかりいただけると思います。

ということは?

日常の消費カロリーを上げるには、基礎代謝を上げることが一番重要なのです。

この基礎代謝を上げるために必要なのが運動です。

基礎代謝は筋肉が多い方が高いということはご存知だと思いますが、痩せやすい体を作るには筋肉を付ける事です。

逆に、筋肉が多い方が太りにくい体質と言うことになります。

男性と女性では女性の方が太りやすいのは、根本的な体のつくりで、筋肉量の違いが大きいのです。

例えば同じ身長の同じ体重で、体脂肪が10%の男性と30%の女性では、同じ量の食事をしたら女性の方が太ります。

どれくらい食べたら太るという絶対量はありません。その人の体にとって食べ過ぎか適量かです。

食べる量を人と比べて、あの人より私の方が少食なのに・・・ということが起こるのは、基礎代謝の違いです。

というわけで、運動するのは基礎代謝を上げるためや、脂肪をエネルギーに変えて燃焼するためにはする必要がありますが、直接的にカロリーを消費するとか、部分痩せのような効果を期待してやるものではありません。

そういう意味で、加圧トレーニングは基本が筋トレなので、筋肉を効率よく付けて、太りにくい体質に変えていく効果があると思います。

実際当店でトレーニングされているお客様も、トレーニングに通う前と比べると、少し食べすぎても体重が増えないし、太りにくくなったことを実感されている方が大変多くいらっしゃいます。

ただ食事を減らして痩せただけより筋肉が付いて引き締まってきたので、実際減った体重よりもっと痩せた様に見えるのも事実です。

この春から本気でダイエットしたい、引き締まった体を手に入れたいという方は、体験トレーニングにお越しくださいね(#^^#)

明日は雨でまた寒くなりそうです。

あたたかい服装でお出かけくださいね!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
加圧トレーニング&耳つぼダイエット
fine〜ふぃーね〜
埼玉県上尾市宮本町15-7メイクイットビル2F
048-773-7010
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です