積極的に摂りたい「オメガ3系脂肪酸」

このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんこんにちは☆

いつもご覧いただきありがとうございます(#^^#)

今日は昨日とは一転、青空が広がっておりますが、乾いた空気と強風で、花粉がたくさん飛んでいる事でしょう・・・(+_+)花粉症の方にはつらいお天気ですね。

そんなアレルギー症状に悩む方にお勧めしたいのが、「オメガ3系脂肪酸」です。

脂肪酸は、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸とに分かれていて、飽和脂肪酸はバターやラードなど常温では固形の動物性の脂で、摂り過ぎに注意したい脂です。

反対に、不飽和脂肪酸は常温では液体の油で、植物性の油や魚の油です。

一般的には不飽和脂肪酸の方が体にいいと思われがちですが、ちょっと注意が必要です。

この不飽和脂肪酸は、さらにオメガ3系、オメガ6系、オメガ9系と3つに分類されていて、過剰に摂り過ぎていると言われているのがオメガ6系脂肪酸です。

オメガ6系脂肪酸はサラダ油、コーン油、ひまわり油、紅花油、大豆油などに多く、家庭で使う油や外食、冷凍食品、お惣菜などに使われている事が多い油です。

この油を摂り過ぎると血液がドロドロになり、悪玉コレステロールが増え、動脈硬化が進行したり、アレルギー物質の合成量が増え、アトピーの悪化などにも繋がります。

それに対してオメガ3系の脂肪酸は血液をサラサラにして、アレルギー症状を抑える働きがあると言われています。

さらに血液中の中性脂肪を減らして肥満を予防したり、学習能力や記憶力がアップするというような効果も期待されています。

オメガ3系の脂肪酸は、亜麻仁油、エゴマ油に含まれるαリノレン酸や青魚に含まれるDHAやEPAがあります。

これらを積極的に摂ることで、アレルギー症状改善やダイエット効果、健康効果や美肌効果などが期待できると言われています。

ただ、現代の食事では意識しないとなかなかオメガ3系脂肪酸を摂ることはできません。

アトピーやアレルギーを改善したいのであれば極力オメガ6系脂肪酸を避けた方がいいので、外食やお惣菜、冷凍食品などは口にしない事が大切です。

そして、家で加熱料理に油を使う場合はサラダ油は避け、オリーブオイルやごま油などを使いましょう。

オメガ3系は酸化しやすいので加熱しないで摂ることが大切です。

生のままドレッシングや納豆、スムージーなどに入れて、1日ティースプーン1〜2杯を目安に摂るように心がけてください。

当店で取り扱いのエステプロラボからも、亜麻仁油が新しく発売になりましたので、今日はこのようなお話しを書かせて頂きました。

花粉症やアレルギー、アトピーなども治らないと諦めず、出来る事からやってみて下さいね!

健康やダイエットに関する疑問は、無料カウンセリングでもお答えしておりますので、お時間のある方はぜひご予約下さい!

それでは、明日も素敵な1日をお過ごしください(#^^#)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
加圧トレーニング&耳つぼダイエット
fine〜ふぃーね〜
埼玉県上尾市宮本町15-7メイクイットビル2F
048-773-7010
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です