サビの原因になる食品

みなさんこんばんは☆

先日活性酸素のお話しをした時に、ビタミンA・C・Eとポリフェノールを摂るといいというお話をしましたが、抗酸化効果のある食べ物があれば、酸化を進めてしまう食べ物もあります。

活性酸素は運動や喫煙、紫外線だけでなく、食べるものによっても増えますので気をつけましょう!

 

      こんな食べ物が体の酸化の原因になります

酸化した食品・・・古い油を使ったものや賞味期限の切れた物

揚げ物の油をこまめに交換したり、食品の賞味期限をきちんとチェックしましょう。

添加物が多い食品・・・保存料や着色料が多く使われているもの

加工食品、インスタント食品に頼りすぎないようにしましょう。

高脂肪の食品・・・バターや肉の脂身など、動物性脂肪の多いもの

植物性の油脂に切り替え、肉の脂身は摂らないようにしましょう。

腐敗した食品・・・雑菌や細菌が含まれるもの

食品の管理、保存をしっかりしましょう。

残留農薬、汚染物質が含まれる食品・・・汚染された野菜や穀物、魚など

できるだけ無農薬、天然ものを選びましょう。

こういったことを知っているのと知らないのとでは食品の選び方が変わります。難しいことではないのでぜひ覚えておいてくださいね!

「抗酸化」=「抗老化」です!

酸化を防ぎ、抗酸化食品を摂ることは、老化を遅らせる事にもつながりますので、日々の少しづつの積み重ねを大切にしていきましょう(#^^#)

 

明日は土曜日です(*^▽^*)お休みの方は素敵な週末をお過ごしくださいね!

お仕事の方も、風邪の予防をしっかりして、元気に頑張りましょう!

いつもご覧いただきありがとうございます!!