甘いものがやめられないのはナゼか?

みなさんこんばんは☆

最近、糖質制限ダイエット(炭水化物抜きダイエット)に苦言を呈する方が増えてきたように思います・・・。

お客様の中にも糖質制限ダイエットってどうなんですか?と聞いてくる方もいらっしゃいますが、当店でもあまりお勧めできませんとお話ししています。

何故なら、糖質(炭水化物)は大切な脳のエネルギー源ですので、極端に減らし過ぎると脳にエネルギーが足りなくなります。そうすると脂肪やたんぱく質をエネルギーに変えようとしますので、脂肪だけが燃えるならいいですが、タンパク質、すなわち筋肉が落ちます。

筋肉が落ちるということは、基礎代謝が落ちる事にも繋がりますので痩せにくくなります。

そして、食事から摂る糖質を極端に制限したことによって、体は糖分を欲します。それが、甘いものの誘惑に勝てない原因です。

炭水化物を抜けば痩せると思って、一切食べないようなダイエットをしていると、結局は砂糖が恋しくなってしまいます。白砂糖には依存性がありますので、チョコレート、クッキー、ケーキなどが止められなくなります。

食後のデザートが止められない人は、まずは白砂糖を使ったお菓子やケーキを止めましょう。

どうしても食べたい人は、人工甘味料や白砂糖は避けて、はちみつ、黒糖、きび砂糖、甜菜糖、メープルシロップなど天然の甘味を選べば、多少食べてもオッケーですよ!白砂糖に加工することで、本来砂糖に含まれているビタミンやミネラルは完全になくなっていしまい、栄養素は皆無です。そのことをしっかりと覚えておいてくださいね。

好きなものを食べることは心を満たして幸せな気分にしてくれます。食べるという行為は本来幸せな行為です。

なのにいつもお腹いっぱい食べて苦しい思いをして、食べすぎてしまったことを後悔するなんてもったいないですよ。私たちにはありがたいことに、食事を選ぶ権利があります。体にいいものを美味しく食べて美しく健康に!それが1番ですよね。

雨の週末となりましたが、明日も笑顔で素敵な1日をお過ごしください(*’ω’*)