意外な食べ合わせNG食材

このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんこんばんは☆

今日も朝から気持ちのいい快晴で、心もウキウキ、笑顔がこぼれますね!

私は春と秋に何か新しい事にチャレンジしたくなるのですが、今年の秋は健康管理士の試験勉強でいっぱいいっぱいになりそうです・・・(笑)

それはさておき、今日は意外に知らない、というか相性悪いの?!というビックリ食材の組み合わせについてです!

まずはほうれん草とベーコン。某ファミレスのメニューにありますよね!?これが実は相性が悪いそうです。

ベーコンには食品添加物がたくさん含まれているので、それ自体があまり体に良くないのですが、ほうれん草と一緒に食べると発がん物質が生成されてしまうそうです。

さらに、ほうれん草に含まれるカルシウムや鉄分の吸収を妨げる添加物も入っています。

ベーコンを湯通ししてから使えば食品添加物を減らす事は出来ますが、オススメ出来ない組み合わせです。

そしてもう一つはこれもビックリのしらすと大根おろしです。

私これ大好きなんですけど・・・”(-“”-)”しらすに含まれる必須アミノ酸、リジンの吸収を大根が妨げてしまうそうです。加熱した大根なら問題ないそうですが、しらすおろしが食べられないのはちょっと悲しいです。

もうひとつ、秋の味覚のさつまいもとは、バナナが相性が悪いそうです。

さつまいもには、胃腸内で水分を吸収してかさ増して腸を刺激し、活発にさせる不溶性食物繊維が豊富なので、食べすぎるとお腹が張った状態になり、そこにバナナを食べると体を冷やすのでお腹をこわしやすいと言うことです。

特に胃腸の弱い方は避けた方がいい食べ合わせです。

いかがですか?けっこう無意識に食べているものが、食べ合わせの悪いものだったりするものなんですね。

栄養バランスの良い食事を心がけていても、せっかくの栄養の吸収を妨げるような食べ方をしていたら勿体ないので、みなさんも気を付けてみてくださいね。

明日は十五夜ですね。天気もよさそうなので、おきれいな満月が見られるといいですね( *´艸`)

ぜひ明日の夜はみなさん夜空を見上げてみてくださいね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です