ダイエット弁当

このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんこんばんは☆いつもご覧いただきありがとうございます!(^^)!

これからダイエットをしようとしている方にも、今現在ダイエット中という方にもオススメしたいのが手作りのお弁当です。

私はここ何年かずっとお昼ご飯は手作りのお弁当です。たまに寝坊して作れない日もありますが・・・。ほぼ毎日です。もうかれこれ6年くらいでしょうか?そんなに手の込んだおかずは作らないですが、たまに外食などに行くと食べすぎてしまうし、コンビニのお弁当や菓子パンなどでは栄養が偏ってしまうし、どうしても高カロリーになりがちなのでお弁当の方がカロリー管理や栄養管理がしやすくていいですよ( *´艸`)

そこでダイエッターの方にカロリー計算いらずのヘルシー弁当のコツをご紹介します!

まずはお弁当箱選びから。実はこれが1番大事です。お弁当箱の大きさは〇〇〇mlという感じで容量が書いてありますので、それを必ず確認してください。例えば600mlのお弁当箱におかずとご飯を詰めたらだいたい600Kcal前後になります。ダイエット中の方ならお昼は500Kcalくらいに抑えてほしいので500mlのお弁当箱を選びましょう。そうすれば500Kcal前後のお弁当が出来上がります。よっぽど揚げ物のおかずで一杯にしなければ大丈夫です(笑)

そして、中身の比率ですが、ポイントは「主食3:主菜1:副菜2」です!

要はご飯を全体の半分、主菜となるおかずを残りの半分のうち3分の1、副菜を3分の2入れると言うことです。そんなにご飯を多く食べていいの?と思った方もいるかもしれませんが、栄養バランスを考えるとご飯が一番多め、次に野菜、魚やお肉は少しという比率が健康維持のために推奨されているのです。

人の満腹感は胃で感じるものではなく、脳で感じるものです。血液に糖が送り込まれないと満腹を感じないので適度に主食を食べている人の方が満腹感を得られやすいのでドカ食いや間食をしにくくなります。

今まで外食ばかりだった方は、お弁当を持参してみてはいかがですか?お弁当があれば外食を断る理由になるし、料理の腕も上がって、健康にも役立って、家庭的なイメージもついていい事ばかりですよ!

作り置きのおかずを覚えたりして、慣れてくれば20分くらいで作れますので少し早起きして頑張ってみてください!

私の作るお弁当はけっこうワンパターンになってしまって主人が飽きていないかと心配ですが、文句言わずに残さず食べてくれるので良しとしています(笑)

さあ、明日のお弁当は何を作ろうかな・・・。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です