栄養とカロリーの違い

みなさんこんばんは☆

毎日暑い中お仕事されている方も、主婦の方も、暑さで食欲が落ちていませんか??

暑い日に冷たいものばかり食べるのは良くないですよというお話を以前しましたが、体力が落ちないように栄養をしっかり摂ることも大切です。

そこで栄養とカロリーの違いはみなさん理解しているでしょうか?

例えば100kcalのアイスクリームを食べるのと、150kcalの野菜を食べるのとでは、野菜の方が高カロリーになってもそこに栄養素の違いがあるのがわかりますよね?

例え少しカロリーが高くても脂肪を燃焼するためには栄養素が必要ですので、野菜をたくさん食べた方が痩せやすくなります。

また、お水を1リットル飲むのと0kcalのコカ・コーラを飲むのとでは摂取カロリーはどちらも0ですが、コーラの方が人工甘味料などが沢山入っている分体に悪いです。

このような事を意識していると、例えばファミレスなどに行った時も、カロリーを気にするより、色とりどりの緑黄色野菜などがふんだんに使われているメニューを選ぶようになり、ケーキを食べたらカフェオレではなく野菜ジュースを飲むようになります。それが結果的には痩せやすいカラダを作ることに繋がります。

夏こそしっかり色の濃い野菜をたくさん食べて栄養を摂らないと、この猛暑は乗り切れませんよ!!

私も毎日野菜とフルーツをたくさん食べるように心がけていますので、おかげさまで夏バテ知らずです!(^^)!

栄養とカロリーの違いをしっかり理解して、食べるものをきちんと選び、代謝のいい体を作っていきましょうね!!