人工甘味料の危険性

みなさんこんばんは!(^^)!

今日は暑い1日となりましたね!外を歩いていると照り付ける日差しと、アスファルトの照り返しで、体が溶けそうでした・・・。

こんな暑い日はよく冷えた炭酸飲料などが飲みたくなりますが、気になるのはそのカロリーです。

例えばコーラ500mlに含まれる砂糖の量は60gです。コーヒーなどに入れるスティックシュガーが1本5gくらいだとしても、12本分ということになりますね。おそろしい・・・。

かといってカロリーゼロの清涼飲料水なら飲んでもいいのかと言ったら、その方が実は危険なんです!!

カロリーゼロなのに甘いのは、人工甘味料が使われているからというのはみなさん認識があると思います。その人工甘味料の危険性はまだご存知ない方も多いのではないでしょうか?

人工甘味料とは文字通り人為的につくられた甘みを付けるための調味料ですが、最近流行りのノンカロリーやゼロカロリーの商品にほぼ使われています。

カロリーが無いならたくさん摂取してもダイエットには差し支えなさそうですが、この人工甘味料には様々な有害性が指摘されています。

その代表は「アスパルテーム」です。一度は目にしたことがあると思います。

その体への悪影響はここでは書ききれないのでサイトなどで調べて頂ければと思いますが、見たらカロリーゼロの商品に手が伸びなくなると思いますよ。

人工甘味料を使った食品を毎日のように摂取している方は、太る太らないの前に、病気になりやすいという可能性があります。

大人はその危険性が解れば避ける事が出来ますが、子供はそうはいきません。もうすでに甘いお菓子やジュースなどの味を覚えてしまったお子様にも、なるべく人工甘味料を使った食品は与えないようにしてあげてください。

ダイエットに良かれと思って摂っていたもので健康を害してしまっては元も子もないので、知識はしっかりと持っていた方が良いと思いますよ!

fineでは、健康について運動と食事の両方からアドバイスさせて頂いてますのでお悩みがありましたらぜひお聞かせくださいね!

健康的に痩せたい方はfineにお電話ください( *´艸`)