衝撃の事実

このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんこんばんは!

今日は朝から雨が降ったりやんだりの涼しい一日でしたね。

さて、タイトルにも書いた「衝撃の事実」ということで、先ほど見ていた某通販サイトでたまたま目にした牛フィレ肉ですが、原材料に注目してください!

スクリーンショット (4)

写真ではもちろん普通の牛肉そのものでしたが、原材料を見て驚愕しました。

特徴の所でも「牛肉の中でも柔らかく脂肪の少ない・・・」と書いているのに牛脂肪を添加しているのです!!

意味が解らないです・・・”(-“”-)”

そして、どう見ても牛肉そのものなのに、水あめ、デキストリン、たん白加水分解物などなど・・・添加物のオンパレードです。

原材料の一部に小麦、大豆を含む・・・?牛肉ですよね???

このような現状を果たしてどれだけの人が理解して、そして意識して食材を選んでいるのでしょうか?

まあ、堂々と牛脂を注入した加工肉だと書いているし、オーストラリア産を日本で加工したと書いているので偽装ではないのでしょうが、普通に牛肉だと思って原材料なんて見ずに買う人もいるでしょう。

事実を知っていたら、どんなに美味しそうに見えても3280円も出す気にはなりませんね。

 先日行った焼肉屋さんでも、「やわらか加工」とかなんとか書いてあるお肉がありましたが、いったい何を注入しているのかと恐ろしくて食べる気にはなれませんでした。

それと、某コンビニで売られていた「日持ちするチルド弁当」というポップにも衝撃を受けましたね。チルドなのに日持ちするとは?「添加物まみれのお弁当です」と書いているのと同じことです。

でも、そう書いてあってもなんの疑問も持たず、単純に「柔らかい」という言葉、「日持ちするから便利」という言葉に惹かれて買うお客様がいるからそれがまかり通っている訳です。

 

このように、知らないうちにたくさんの添加物を普段口にしてしまっていることをもっと認識しなければいけないと思います。

特に成長期にあるお子さんには、極力食品添加物の少ないものを食べさせてあげて欲しいです。

 

知らないというのは怖い事です。

 

知っていれば、完全に添加物を摂らないのは無理でも気を付ける事が出来ます。

今はインターネットでいくらでも調べることが出来ますので、自分の健康の為にも家族の健康の為にもぜひ食品添加物の危険性を勉強してほしいと思います。

 

ダイエット目的の方も、健康が目的の方も、fineが食育、運動、両面からサポートいたしますので、引き続き無料カウンセリング、体験トレーニングのご予約お待ちしております!(^^)!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です