PFCバランス

みなさんこんばんは☆

今日はPFCバランスについてのお話しです。

P・・・タンパク質(プロテイン)     15%
F・・・脂質 (ファット)        25%
C・・・炭水化物(カーボハイドレート)  60%
この3つのバランスは、和食中心にすると摂りやすいというお話をしましたね。

そうは言っても3食をきちんと和食というのは難しいですので、結果的にPFCバランスがとれた状態にするという方向でアドバイスをすると、まずは朝食を質より量という考え方でしっかり食べます。
朝食は、タンパク質を多めに摂りたいところですが、不足しやすいのでプロテインなどで補うのもオススメです。
プロテインは運動後や筋肉を付けたい人だけが飲むものではないんですよ!

そして昼食ですが、外食が多い方でも和定食を選ぶようにしたり、少し気を付ける事が出来ればなるべく脂質を減らす工夫をしてほしいです。

そして夕食は朝とは逆で量より質です。
ただし夕食は日常生活の中で単なる栄養補給だけでなく、好きな人と食事をする、1日の疲れを癒すなど、食べる喜びを味わうという重要な役割があります。
ダイエット目的で極端な食事制限をするのは精神衛生上よくないので、腹八分目(できれば腹七分目)を心がけることと、寝る2時間前にはカロリーの摂取をやめてみてください。

朝昼晩、共通して言えるのは、常に内臓(胃腸)のキャパシティーの範囲内で食事をすることです。
内臓のキャパシティーの中で食事をすれば、体に入ってきた栄養素は適切に使われます。それを超えた食事は、たとえ口に入った時が炭水化物だったとしても余ったら最終的には脂肪になって蓄えられるということを覚えていてください。

以上の事を意識すると理想に近いPFCバランスの食事に近づくと思います。

そして、PFCバランスの整った食事は毎食出来ればもちろんいいのですが、ほとんどの人は朝はカロリーが少なく、夜の食事が高脂肪高カロリーになることが多いですよね。
1日に必要な栄養をきちんと摂っていてもなんだか体調がすぐれないという方は、どこかのタイミングでまとめて摂っていることが多いので、そうならないように可能な限り3食に分けてバランスよく食べることを意識してみてください。

毎日の食事で健康は作られます。
間違った知識で無理なダイエットをしないよう、耳ツボダイエットの無料カウンセリングでも正しい食事の摂り方についてお話ししています。
これからダイエットを考えている方も、長年ダイエットとリバウンドを繰り返している方も、ぜひ無料カウンセリングへお越しください!(^^)!

加圧トレーニングの体験もご予約お待ちしております!