医療費と肥満

みなさんこんばんは☆

昨日ニュースで見たのですが、今、社内でダイエットに積極的に取り組む企業が増えているそうですね。

肥満の人は、年間の医療費が標準体型の人と比べて、年間9万円ほど高いそうです。
それは、肥満そのものにお金がかかるわけではなく、肥満は様々な病気を引き起こす要因になるからということです。

日本の医療費は年々増えていて、2025年には50兆円を超える見込みだそうです。
食の欧米化が進み、このままではますます肥満が増えていくことを考えれば当然だと思います。

企業にとっても肥満の人を雇うということはリスクを抱えることになるわけですから、会社をあげて肥満を解消してもらおうと呼びかけているのです。
参加は自由ですが、ダイエットが成功したら、ご褒美に有給休暇をもらえるという企画もありましたし、社内でのコミュニケーションが増えたり、健康に関する話題で盛り上がったりと、モチベーションをキープしやすい環境にがあるというのもとてもいい事だと思いました。

ダイエットは個人が自主的に行うものだと思っていましたが、個人的な問題ではなく、国を挙げて取り組む問題になってきているのが今の日本の現状なのでしょうか。

今現在健康でも、肥満の人は病気になるリスクは確実に高いのです。それを個人がしっかり自覚して、健康についてきちんと考えてほしいと思います。
また、肥満の人は病気のリスクもそうですが、実際病気になって入院したり手術をしたりするのにも標準体型の人よりお金がかかるのです。

そして、病気になって困るのは自分だけではありません。家族にも辛い思い、悲しい思いをさせてしまうかもしれません。
病気になってからでは遅いのです。
病気になる前に今できることをやりましょう。

食の基本も学べる耳ツボダイエットの無料カウンセリング、運動でもっと健康的な毎日を送りたい方は、加圧体験トレーニング、どちらも予約受付中です(*’ω’*)