食育

みなさんこんばんは☆

梅雨入りしたはずなのに雨が降りませんね。毎日、日中は日差しも強いですので熱中症にはお気をつけくださいね!

昨日は久しぶりに高校時代の友人と、ランチをしたりショッピングをしたり、懐かしい話や近況報告をして楽しい時間を過ごしました。

その会話の中で、食育の話しになりました。

私は仕事柄、コンビニやスーパーのお弁当、お惣菜、ジャンクフードや菓子パンなどを常食することがどれだけ体に悪い影響を及ぼすかを学び、主人にもそういった食生活をさせたくないですし、自分の健康は自分で守るべきだと考えるようになりました。

しかし、世の中には今ある健康を当たり前だと思って、病気になることなど考えず不摂生な生活を送っている人もたくさんいるのです。

ただ、大人は自分で食べるものを自分で選べますから、何かのきっかけで気づき、食生活を変えることが出来るかもしれません。自分で料理をすることだって出来るのです。

でも、子供にはそれは出来ません。

例えば母親がそういったことに無頓着だと、子供の朝ごはんに菓子パンを与えたり、おやつにはねだられるままにお菓子を食べさせたり、夕飯はコンビニやスーパーのお弁当、お惣菜、ジャンクフードなどを平気で食べさせたりするのです。

そのような環境で育った子供はどうなるか。

子供の成長は早いですし、育ち盛りの子供にとって栄養のある食事は、体や頭を育てるのに不可欠なもの。

最近キレやすい子供や、集中力のない子供が増えているのは、食事の内容にも大きな問題があると言われています。

病気になってからでは遅いのです。
働くお母さんにとっては大変な事もあると思います。でも、病気にならないためにできることがあるということに、子供を持つお母さん、お父さんには早く気づいて欲しいと切に願います。

友達や、その家族も私にとって大切な存在です。
いつまでも健康でいてもらいたいと思うのは当然ですから、身近な人にも食育について呼びかけていきたいと思いました。

昨日は高校時代の友人と健康について語るなんて、大人になったなと少し自分たちの成長も確認できた1日でした。