医薬品と食品

このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんこんばんは!

食事日記のお話しに続いて、バランスの良い食事には現代ではサプリメントが欠かせないというお話をしたいと思います。

サプリメントというと今は無数に売られていますが、とくにダイエット系のサプリメントは人気がありますよね。
ただ、誤解してほしくないのは、サプリメントとは健康食品のことで、あくまでも「食品」です。

薬に関してはお医者さんに処方されたものや、市販薬でもその効果、効能を記す事、あるいは伝える事ができますが、サプリメントは食品なので、効果効能を謳うことは薬事法違反になります。

薬は特定の疾患に対して服用するもの。サプリメントは健康を維持するために摂るもの。その程度の認識でもいいと思いますが、サプリメントに過剰な期待をするのはまた違うのかなと思います。

例えはダイエット系のサプリメントだと、食べたカロリーをなかったことに・・・とか、飲むだけで脂肪を燃焼するとか、もしそれが現実なら、肥満に悩む人はいなくなりますよね。
それを期待して摂取する人も多いと思います。

現代の肥満は栄養失調とも言われていますので、サプリメントで足りない栄養を補うことで、脂肪を燃焼するための補酵素を補い、燃焼しやすい体になるのがサプリメントの役割で、普段の食事よりも、より健康のために大きく貢献できるものです。
サプリメントそのものが脂肪を燃やすわけではないことを認識してほしいです。

痩せるサプリメントは存在しません。

健康を維持するために、自分に合ったサプリメントを選ぶことと、最低でも3ヶ月は続けないと体の変化は感じにくいので、まずは続けることです。

将来的にいつも病院にお世話になり、副作用も心配される薬に頼る生活と、サプリメントを活用して健康を維持し、薬に頼らない、病院にもお世話にならない生活とどちらがいいか考えてほしいと思います。

口にするものはクスリか食品しかありません。
美味しい食事と、適量のサプリメントで健康的な毎日を送って頂きたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です