腸は第2の脳

このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんこんばんは☆

昨日は臨時休業をいただき、勉強会に参加してまいりました。
その中で印象に残った話しをしたいと思います。

人間の免疫機能の約7割は小腸にあるそうです。
人間が食べるものは当たり前ですが無菌ではありませんよね。多くの細菌やウイルスは、腸の粘膜から最も侵入しやすいと言われていて、がん細胞が生じるのもほとんどが腸の粘膜からだそうなので、身体にとって無害なものは栄養として吸収し、有害なものが入ってきたら腸の免疫細胞がそれをやっつけるために24時間365日働いてくれているのです。

何が有害で、何が無害なのか、考えて吸収、攻撃してくれる腸はまさに「第2の脳」ですね。

私たちの身体を病気から守ってくれている腸ですが、女性には便秘の方が多いですよね。
腸の働きが弱っていたり、水分が少なかったり、色々な原因が考えられますが、そもそも便秘になりやすい1番の理由は食生活にあります。
食事がお肉や加工食品が中心だと便秘になりやすいのです。

日本人は欧米人と比べると、肉を消化する消化酵素がもともと少ないそうです。
低脂肪、高繊維の食事に適した日本人の腸は、食の欧米化による高脂肪、低繊維の食事は消化しにくいのです。

便秘、ということは腸内に排泄しきれないものが長時間残っているということなので、それは体内で腐敗し、有毒なガスを発生し、さらに腸内環境を悪化させます。
活性酸素も増え、老化を早める原因にもなるので、女性は綺麗でいたいなら腸を整えることが一番です。

腸は、脳と同じで自律神経で動いているということなので、運動をしたり腹筋を鍛えたりすることが、直接的に便秘解消につながることはないようですが、便を押し出す力という意味では筋肉もあった方がよさそうです。
ダイエットをこれから考えている方も、ひどい便秘などの場合はまずそれを改善してからの方が痩せやすくなりますよ。
ただ、市販の便秘薬は、飲み続けるとだんだん効かなくなる可能性もありますし、腸の免疫自体が低下する恐れもありますので避けた方が良いかと思います。

お医者様のオススメする下剤として、「スイマグ」があります。水酸化マグネシウムのことなのですが、常習性はなく、にがりが主成分なので安心だそうですよ。

インターネットで検索すると出てくるので気になる方は探してみてください。
私も一度試してみようと思います。

みなさんも、腸の健康を考え、悪玉菌が増えないよう、魚や野菜、海藻、大豆、発酵食品などを中心とした食生活を心がけることをおすすめします!

ダイエットのお悩み、健康や運動に関するお悩みはfineが解決します!お気軽にお問合せくださいね。
私たちはみなさまの笑顔と健康をいつも願っております(*’ω’*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です