紫外線を浴びた日のお手入れ

みなさんこんばんは☆ダイエットアドバイザーのチエコです!(^^)!

今日はすごくいいお天気で連休がスタートしましたね!
日中外にいる時間も長かったのではないでしょうか?

今日はいつもより紫外線を浴びる時間が長かったなと思った方、その日のうちに紫外線の影響をなかったことにしましょう!

まずはクレンジングです。クレンジングはこの時期、オイルタイプがおすすめです。
過剰な皮脂が、紫外線によって酸化皮脂となっていますのでそれがお肌に残っていると黒ずみや毛穴が目立つ要因になります。
オイルクレンジングで皮脂汚れを毛穴の奥からしっかりと溶かし出し、汚れを残さないようにしましょう。
そして洗顔は泡立てをしっかりするのが基本ですので、ふわふわの泡でやさしく洗ってください。

そして洗顔後、お化粧水の前にオススメなのが拭き取り化粧水。クレンジングや洗顔で取りきれなかった汚れや、古い角質をしっかりと落としてくれます。
拭き取り化粧水は色々なメーカーから出ていますが、コットンで拭き取るタイプはもちろんのこと、柔軟化粧水という品名で出ているものだと、手でなじませることで角質を柔らかくして、後から使う化粧水や乳液の馴染みをよくする効果が期待できるものもあります。

これらは自分の肌に合わせて選ぶといいのですが、皮脂が過剰で肌が固くなりやすい、触ったときにザラザラ、ゴワゴワする方は拭き取るタイプ。
反対に、皮膚が薄い方、赤みが出やすい方、キメが浅く乾燥しやすい方は手でなじませるタイプが良いと思います。

最近のものは拭き取ったあとに肌がつっぱったり乾燥してしまうような感触のものは少ないので、毎日使っても大丈夫ですよ。
使うのと使わないのとでは化粧品の効果実感まで変わってきますのでぜひ試してみてください!

そして日焼け後はやはりパックが必須です!
パックと言っても高級なものじゃなくていいんです。
いつも使っている化粧水をコットンにたっぷりとって何枚かに裂いて、頬、ひたい、あごなどにのせていきます。
だいたい5分から10分くらいを目安に、コットンが乾ききってしまう前に取り除いてください。
紫外線の影響は、シミだけではなく乾燥も招き、肌の老化につながります。
特に暖かくなると皮膚温が上昇し、水分が蒸発しやすくなるのでお肌が水分不足になります。ですので日常的にローションパックをすることで乾燥を防ぎましょう。
潤った肌は紫外線への抵抗力が強い肌と言えるので、春夏も保湿ケアは必須ですよ。

よっぽど日焼けしない限りはローションパックでも十分だと思います。コットンでパッティングするよりはるかにたくさんの水分をお肌に与えることが出来ます!
あとは、昨日お話ししたように、肌に合った美白美容液と乳液、夜は保湿クリームをつけてしっかり睡眠をとりましょう。

面倒な時もあるかもしれませんが、日々少しだけ時間をかけたお手入れをすることで、紫外線の蓄積を防ぎ、乾燥や老化を加速させないようにすることは可能だと思います。
肌がボロボロになってから必死でお手入れしても、シミを薄くしたり、たるんだ肌をリフトアップしたりするには時間もお金もかかりますよね。そうなる前の未然ケアは重要ですよ!

ダイエットも同じです。1〜2キロくらい増えても頑張ればすぐに戻れるかもしれませんが、10キロ太ってしまってからではもとに戻すのはとても大変です。

肌も体も日々のこまめなケアが美を保つには大事ということですね。

私も今日はパックをしてから寝ようと思います( *´艸`)
では、明日も素晴らしい休日をお過ごしください。