お買い物中に思うこと

みなさんこんばんは☆ダイエットアドバイザーのチエコです!(^^)!

今日は風が冷たくて外は寒かったですね~。
4月とはいえ気温差が激しい日が続きますので、帰りが遅くなる方は羽織るものやストールなどがまだまだ重宝しそうですね。

さて、今日は私が最近スーパーでお買い物をしていて思うことを書いてみたいと思います。

仕事がら、皆さんの健康をサポートする立場として色々と勉強したりする中で、食品添加物が最近気になって仕方ありません”(-“”-)”

何にどれだけ、どんなものが入っているかという事ではなく、加工食品がこんなにも溢れている現実に打ちひしがれているという状況でしょうか・・・。

自分が子供の頃や、育ち盛りの年齢の頃、私の母親は加工食品を食卓に出すことはほとんどなかったように思います。
毎日手作りの朝食にお弁当に夕飯を用意してくれて、旬のものを食べさせてくれていたと思います。

その頃に比べても、例えばレトルト食品の種類も相当増えたと思いますし、レンジでチンするだけで食べられるものや、食材ひとつあれば炒めるだけで美味しく調理できるものなど、時短メニューや味付けが簡単にできる便利なものがたくさん売られていますよね。

でもそれらが増えてきたのは間違いなく需要があるから。
昔は専業主婦の方が多かったので、毎日食事をきちんと用意するのは主婦にとって大きな役割だったと思いますが、今は共働きのご家庭が多いですので、女性は仕事のストレスも抱えながら、家事をおろそかにするわけにもいかず家族の健康の為に頑張っているわけです。
そうするとやはり時間が無かったり、疲れていて料理を作る気になれなかったりした時に、その様な便利な加工食品に頼ったり、外食が増えたりしてしまうのだと思います。もちろん私も例外ではありません。

ただ、現実的に完全に自然食だけで生きていくのは無理ですが、極力減らす努力は出来るはず。
旦那さんにも家事を手伝ってもらったり、自分で出来ることは自分でやるようにお互い思いやっていけば、時間にも心にも余裕が生まれると思いますし、そうすれば毎日の食事にももっと気を使えるのではないかなと思います。

とにかく自分の体は自分が食べた物ですべて作られているのです。
ですから少しでも体にいいものを摂って欲しいですし、せっかくの栄養素を、体に害のあるものを分解するために使っているのはもったいないと思います。

でも、私は加工食品や添加物が入ったお菓子などを否定するつもりは全くありません!
甘いものが好きなのに、ケーキが一生食べられないなんて耐えられませんし、美味しいものを我慢して生きていくなんてつまらないし、さみしいです。

たまには食べたいものを好きなように食べて、家族や友達、大切な人との時間を楽しく過ごしたいです。
ただ、普段の食事ではなるべく素材そのものを楽しむ食事を心がけたいなと、しみじみ感じている今日この頃です。

そして私が健康でいられるのは、小さい頃からいつも心と体に美味しい食事を作ってくれた母親のお蔭だなと心から感謝しています。