筋トレブログ⑤ 記録を付ける

みなさんこんばんわ!加圧インストラクターのユウキです。
最近ブログはご無沙汰ですが・・・。(;^ω^)
だいぶ暖かくなって薄着になってきました。身体の準備はよろしいですか?(笑)
久しぶりに筋トレについてのアドバイス?というか基本です。

トレーニングの記録を付けよう!

人間の体は機械ではありません。
体調が悪くなる時もありますし、いつも効果的な運動・食事・休養を完璧に行うことが難しい時もあるでしょう。

どんなにしっかりと生活を管理してトレーニングを行っていても、調子が出ないという時もありますから、能力はトレーニングによって一直線に伸びていくようなものではないという事をまずは意識しておいてください。
トレーニングで能力を継続的に成長させ続けていくの事がなかなか難しい作業である、という事を理解してください。

しかし、少しでもスムーズに能力アップしたい!そう思うのが当然でしょう。
そんな時に役立つのがトレーニング記録です。

トレーニング内容と成長の関係

記録には、毎回どんな内容でトレーニングしたかを出来るだけ細かく記録しておきます。

そうすれば、過去の記録からトレーニング内容と成長の関係を見てみることで、どんな内容のトレーニングが自分の体に合っているかという事がだんだん分かってくるでしょう。

面倒くさくならない程度で良いので、トレーニングをした時間や体重、その時の体調や感じた事などできるだけ細かく書き込んでおくことをオススメします。自分に最適なトレーニング法を見つけていくためには、自分自身のデータを記録していく事が一番重要だと思います。

トレーニングの内容を調整する

勘や記憶に頼ってトレーニングしていると、本当に進歩しているのかどうか不安になったり、逆に効果的なトレーニングをしているつもりでも長い間進歩が停滞してしまっている可能性も出てきます。

記録をつける一番の目的は、過去の記録を振り返って分析した内容から、トレーニングの内容を調整する事です。

例えば長い間進歩していない部分があれば、別のトレーニング法を試してみたり、休養の日数を調節して超回復を引き出せるようにしたり、体重の増減から食事の量を調節したりするわけです。

体は新しい刺激に対して敏感に反応する性質を持っていますから、ちょっと調整を加えただけでも劇的に進歩することがあります。

いちいちメモを取るのはちょっと面倒ですが、手間をかけた以上の効果があると思いますよ。

当店のようなマンツーマンのパーソナルトレーニングでは、きちんと体重や体脂肪・トレーニングメニューや回数の管理をしていますのでお任せで大丈夫ですが、ご自身でトレーニングしている方にはきちんと記録を付ける事が大切だと覚えておいてください。
ダイエットが目的の方も絶対に記録が大切です!食べた物まで記録できるとより一層良いですね(#^.^#)