遅い夜ご飯の摂り方

みなさんこんばんは☆fineダイエットアドバイザーのチエコです!(^^)!

今日は太らない体を作る食べ方の第二弾、遅い夜ご飯の摂り方です。

夜遅い時間に食べるのはダメだと分かっていても、どうしても残業で遅くなってしまって、空腹と心を満たすために ビール片手にお惣菜の揚げ物をつまんだり、、、ありますよね?
多少はいいだろうと思うかもしれませんが、度重なれば確実に脂肪は増えます!
昨日お話しした通り、内臓の活動時計は肝臓は休憩中、すい臓もそろそろお休みで脂肪蓄積の司令塔は急増しています。

高脂肪食を摂るくらいなら食べない方がいい時間帯ですが、何も食べないのはもっと良くないですよ!
何故なら、夜は成長ホルモンが分泌され、体の組織の修復作業が行われるので、栄養がないとその修復作業が不完全に終わってしまいます。
修復作業にはタンパク質が必要なのですが、タンパク質をしっかり摂ることによって、寝ている間に美肌を作り、筋肉を修復し、疲れを取ってくれるのです!

では、遅い夕食に最も適した食事とは?
それは、大豆食品と野菜です!

大豆食品はタンパク質が豊富で脂質は少なく、そして消化吸収もいいのです!野菜もまたしかり。
体のメンテナンスに必要なビタミン・ミネラルを含み、便通を良くする食物繊維も補給できます。

大豆食品は、豆腐、納豆、豆乳、牛乳など。野菜は糖質の多いイモ類やカボチャ、根菜類は避けてください。
ワカメやひじきなどの海藻類、きのこ類もおすすめです。

もし、日付が変わってしまうほど遅くなってしまうようなら、豆乳や牛乳などを、内臓を冷やさないよう温めて飲めば、消化も良く内臓に負担をかけなくておすすめです!

これらの食材を活用して魔の時間帯を乗り切れば、脂肪を蓄えることなく快適な体をキープできますよ( *´艸`)

毎日の食事を見直して、活動しやすい体型を保てれば、もっともっと楽しく毎日を過ごせると思いませんか??

私たちはいつも皆様の健康と笑顔を応援するショップでありつづけたいと思っております!
気になることがありましたらいつでもご相談くださいね!